民芸みやぎ

宮城県民芸協会からの折々の便り
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
七尾佳洋展 見学と囲む会

 

 

「七尾佳洋展 見学と囲む会」

2018年11月24日(土)15:00〜16:00

 

会場 仙台 光原社


どうしてこんな模様になるの?
と不思議に思う「練り込み」のうつわ。
お茶をしながら、七尾さんが紙芝居で説明します。

 

※参加ご希望の方は、11/23(祝)までに
事務局までお知らせください。

 

宮城県民芸協会事務局(仙台光原社内)
TEL.022-223-6674

Fax022-222-9626

 

| お知らせ | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
民藝きものの会

 

民藝きものの会

2018年11月24日(土)11:00〜13:00

 

会 場 きものゝ老舗にしむら

    (仙台市青葉区中央2-6-11  TEL.022-261-5291)
参加費 会員・会員以外どちらも500円

 

 

当日は、宮城県民芸協会会員による
紫紺染、大島紬、久米島紬のコーディネート
柿渋染め、紅型の着物などにも、ふれられます。

 

宮城県民芸協会会員の西村艶子さんのご協力で、
きものがある人も、ない人も楽しめる
着て、見て、聞いて楽しむ会です。

 

着てみて参加  
ー分のきものを着て参加
⊆分のきものを、にしむらさんに着付けていただいて参加
2餔限定/にしむらさんの着物を借りて、着付けていただいて参加

 

見る・聞く参加
っ紊覆い韻譴鼻△披露目したいきもの持参
ジる・聞くのみの参加

 

 銑い了臆辰歪め切りましたが
ジる・聞くのみ参加は、事務局まで気軽にお問い合わせください。

 

宮城県民芸協会事務局(仙台光原社内)
TEL.022-223-6674

Fax.022-222-9626

 

 

| お知らせ | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
埋木書院と瑞巌寺本堂 特別見学会

(画像は、瑞巌寺公式サイトより)

 

 

埋木書院と瑞巌寺本堂 特別見学会
10月21日(日)13:30−15:30

 

参加料:宮城県民芸協会 会員700円
    (会員以外は1,200円)

 

 

前回お知らせしていた

「埋木書院と瑞巌寺本堂 特別見学会」

の日程が近づいてまいりました。

 

ご希望の方は、10月14日(月)17時まで

人数を事務局までお申し込みくださいますよう

お願いいたします。

 

 

お申し込み・お問い合わせ先

宮城県民芸協会事務局(光原社内)
TEL.022−223−6674
仙台市青葉区一番町1-4-10

 

 

 

 

 

 

 

| お知らせ | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
埋木書院と瑞巌寺本堂 特別見学会

 

(画像は、瑞巌寺公式サイトより)

 

 

埋木書院と瑞巌寺本堂 特別見学会
10月21日(日)13:30−15:30

 

参加料:宮城県民芸協会 会員700円
    (会員以外は1,200円)

 

 

「美的感動をいっしょに!」をテーマに活動する
宮城県民芸協会の2018年10月例会は
「埋木書院と瑞巌寺本堂 特別見学会」です。

 

瑞巌寺宝物課長 新野一浩さんをご案内役に
通常は非公開のところ、宮城県民芸協会のため
特別に見学の機会を設けていただきました。

 

せっかくの機会なので、会員以外の方にもご案内いたします。

いっしょに埋木書院をめぐりませんか。

ご希望の方は、事務局までお申し込みください。

 

 

お申し込み・お問い合わせ先

宮城県民芸協会事務局(光原社内)
TEL.022−223−6674
仙台市青葉区一番町1-4-10

 

 

 

 

 

| お知らせ | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
蜜ろうキャンドルづくりとお話し会


第1回 民藝寺子屋 宮城県民芸協会主催

山形朝日町

『ハチ蜜の森キャンドル』からのおくりもの


8月21日(金) 午前の部 10:00〜12:00
        午後の部 14:00〜16:00

          
           
※参加は無料ですが、
           キャンドル作りのみ有料となります。
           ご希望の方は1500円をご持参ください。


場所   仙台市太白区門前町8-22 福聚院




ハチ蜜の森キャンドルの安藤竜二さんの、スライドによるお話し会。
その後、蜜蝋キャンドル作り


メッセージ
豊かな自然のもとミツバチが生まれ、養蜂家が蜂蜜を収穫し、
その副産物のミツバチの巣でキャンドルを作る。
そんな森やミツバチを、心から愛おしく有難く思います。
だからこそ、蜜蝋の素の魅力を損なうことなく大切に製造し、
多くの人に蜜蝋の灯りを感じていただきたいと願っています。


同時に、世界各地の燭台や民藝品を展示します
蜜蝋キャンドルを含む一部を販売いたします。



お申し込み・お問い合わせ
TEL 022-725-8227  白鳥(18:00〜22:00まで)



民藝寺子屋の趣旨
民藝寺子屋は、民藝協会が広く一般の方々を交えて
現代の手仕事について作り手を招き、ともに学ぶことを目標とする会です。
これからも焼き物、染織、漆、ガラス、木工、金工など続けてゆく予定です。












 
| お知らせ | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
『民芸みやぎ2014夏号』 発行

『民芸みやぎ2014夏号』 発行





宮城県民藝協会の会報紙「民芸みやぎ」2014夏号が
できあがりました。

リレーエッセイ「随筆むすび」では
「子どもたちに伝えたい民藝こんなこと」をテーマに
4名の方がご執筆くださっています。
くすっと笑いのある、読み応えのある内容で
宮城県民藝協会の雰囲気が伝わるのではないでしょうか。

会員以外の方にも、無料で配布しています。
今後の活動予定なども紹介していますので
ご覧になりたい方は、事務局の「仙台 光原社」へ。

※部数に限りがありますので、ご了承ください。



宮城県民藝協会事務局 (仙台 光原社内)
仙台市青葉区一番町1-4-10
TEL.022−223−6674 
FAX.022−222−9626
Mail kogensya@eb.mbn.or.jp








 
| お知らせ | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
「芹沢げ陲侶審┥品−挿絵とハガキ−」


企画展「芹沢げ陲侶審┥品−挿絵とハガキ−」

2014年1月21日(火)〜3月1日(土)
東北福祉大学 芹沢美術工芸館
 



紙のものが好きな方に、おすすめの展覧会です。


型絵染の人間国宝・芹沢げ陲手がけた作品の中から
マッチボックスやハガキ、挿絵など、
小さな意匠を中心に紹介されています。


所蔵作品のなかから紹介する「今週の1点」
1月20日の週は
2014カレンダーに使用されている
「富士と雲文のれん」も紹介されているとのこと。


小型絵のほか
50種類の草花が配された屏風や
一面がいろは文字で埋めつくされた着物なども
ご覧いただけます。




下記の休館日を確認のうえ、おでかけください。
■休館日 日・祝日、1/29〜2/1、2/20〜23


詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://www.tfu.ac.jp/kogeikan/event/2014_01.html


東北福祉大学芹沢げ霹術工芸館
仙台市青葉区国見1-8-1
TEL:022-717-3318









 

| お知らせ | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
美しい手仕事展

美しい手仕事展 
―民藝 暮らしの中にそっと寄り添う美しさ―

2013年7月24(水)・26(金)〜28(日)
             10:00〜18:00 ※最終日は16:00まで
 
※初日24(水)16:00〜 ギャラリートーク
              
白磁のつくり手 五十嵐元次さん在廊

会場/山形県芸文美術館
      山形市七日町2-7-10 ナナ・ビーンズ(旧山形松坂屋)6F



山形民藝協会「美しい手仕事実行委員会」の主催による
「美しい手仕事展」が開催されます。


日本民藝協会をはじめ、各地の民藝協会、民藝店、つくり手が協力。
全国から集まった焼きもの、吹きガラス、編組品、染織品、
こぎん刺し(青森)、川連漆器(秋田)、樺細工(秋田)などが
会場で展示・販売されます。


初日は、白磁のつくり手である五十嵐元次さんが在廊。
五十嵐さんの作陶への姿勢、民藝との関わり、
会場に並ぶ手仕事の品々など
ギャラリートークで、さまざまお話くださる予定です。
どうぞお楽しみに。


会津で白磁をつくり続ける五十嵐元次さん










 

| お知らせ | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゴッホ展

宮城県美術館の学芸員さんと見る
「ゴッホ展 空白のパリ時代を追う」

2013年7月6日(土)13:30〜

宮城県美術館アートホール  (入場無料)


ぎりぎりのご案内になりましたが
宮城県民藝協会のみなさんにお知らせします。


今週の土曜、7月6日に
宮城県美術館で「ゴッホ展 空白のパリ時代を追う」について
学芸員さんの展示解説が行われます。


今回展示されている52点のうち、36作品が日本初公開となり
ゴッホが描いた自画像のうち、8点が日本にそろうのも初めてのこと。

この機会に、民藝協会でもぜひ見学に行ければと思います。
当日、宮城県美術館アートホールにお集まりください。


宮城県美術館 「ゴッホ展 空白のパリ時代を追う」
http://www.mbs.jp/gogh2013/place/miyagi.shtml




宮城県民藝協会事務局 (仙台 光原社内)
        TEL.022−223−6674 
        FAX.022−222−9626
         Mail kogensya@eb.mbn.or.jp










| お知らせ | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
連続セミナー「モノと暮らす」

―想いを重ねてモノをつくる/モノを集めて暮らしを整える―

第1回 
色彩、風土、カタチ  ―タウトが仙台に見たもの―

2013年6月22日(土)13:30〜15:00

東北工業大学一番町ロビー 4階ホール
(仙台市青葉区一番町1丁目3-1 ニッセイ仙台ビル)
申込不要・無料


話し手: 庄子晃子(東北工業大学名誉教授)
      西大立目祥子(まち遺産ネット仙台)


身近にあるから見逃してしまうこと。
身近にあるから価値を見出さないこと。
意外に多い気がします。

ブルーノ・タウトの『日本美の再発見』や
アレックス・カーの『美しき日本の残像』を読んで
こんなにも美意識が暮らしのなかにあったのか
と気づかされたのは、いつだったか。
そんな気づきのきっかけになるのではないでしょうか。

宮城県民藝協会会員の庄子晃子先生と
「まち遺産ネット仙台」代表の西大立目祥子さんが
タウトが仙台に残した功績を振り返りながら
仙台滞在時に見つめた「暮らしの美しさ」について語られます。


このセミナーは、公益財団法人仙台市市民文化事業団の主催。
仙台で紡がれてきた多彩なものづくりの背景を紐解きながら、
今だからこそ問える「ものづくりの視点からの<暮らし>」について、
毎回ジャンルの異なるゲストが語る連続セミナーとのこと。
https://web.midc.jp/bunka/event/shousai.php?id=6440


ちなみにセミナー当日は
宮城県民藝協会の「民藝を知る深める読書会」の開催日にもあたります。


セミナー会場から歩いてすぐ
仙台 光原社向かいのカフェで行いますので
あわせてご参加ください。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://mingeimiyagi.jugem.jp/?eid=88
読書会は6/18(火)までに下記にご予約いただければ幸いです。

宮城県民藝協会事務局 (仙台 光原社内)
        TEL.022−223−6674 
         FAX.022−222−9626
        Mail kogensya@eb.mbn.or.jp










| お知らせ | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE