民芸みやぎ

宮城県民藝協会からの折々の便り
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「民藝」の読書会 報告

「民藝」を知る深める読書会

 2014517日(土)
−食器と女− 『柳宗悦随筆集』(岩波文庫)より




前回の読書会は、まだ新緑のころでした。
「食器と女」は6ページと短いので
参加者3名で割りふって読んでいきました。

   食器の問題などは、どうでもよいように思う人もありますが、
   その選択は国民の美的教養を、まともに語るもので、
   文化の程度の一面をよく示すものであります。
  
   ではどんな標準で選んだらよいか、
   結局はごく尋常な無事なものが一番厭(あ)きませんが、
   これを人間になぞらえて、いつまで一緒に暮しても、
   暮せば暮すほど親しみが湧くようなものでありたく、
   それには性質の正直なもの、誠実なもの、穏やかなもの、便りになるもの、
   そういう質を持つ品が一番よいのであります。

   消費者は、社会に重要な位置を占め、これが一国の文化を上下さす
   大きな力となることを知らねばなりません。
   特に女の方々にこの自覚があると、
   どんなに世の中は正しくまた美しくなることでありましょう。
                                        (「食器と女」より抜粋)



読書会では、柳の著書を声に出して読み、
参加者同士が語らうことを中心にしています。

熱く語りあう、というわけではありませんが、
声に出す、あるいは耳から聞く、そして理解するということをくり返していると
柳の価値観が、いつの間にか自分の中に入ってきて
「民藝」とは、こういうことだったのかと
回を追うごとに、じわじわ感じてくる感覚を味わえます。

「食器と女」の随筆は、
暮らしに身近なことが読みやすく著されています。
時代背景もあり、女性に限定して書かれていますが
男性であっても、同じでしょう。



今回テーブルに並んだ会員愛用の品は
白磁のちょこ、宮城県の陶土で焼いたぐい飲み、
そして、抹茶碗です。

姿かたちや程よい重さ、手触りなど
触れたときの印象について語らうのも、また楽しい時間になりました。


 

次回 読書会の予定■



2014928 日(日)15001600
美しさと女性 (『柳宗悦随筆集』岩波文庫より)


茶室「緑水庵」を貸しきりにして、初めて開催します。
庭を眺め、こだわりの珈琲とクッキーを味わいながら楽しみませんか。
参加費 1,000円(会場費、珈琲、クッキー) 
※愛用のカップご持参歓迎です。


926までに下記へお申し込みください。
            宮城県民藝協会事務局 (仙台 光原社内)
        TEL.022−223−6674 
          Mail kogensya@eb.mbn.or.jp










 
| 活動−読書会 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
「民藝」の読書会お知らせ

「民藝」を知る深める読書会

 2014517日(土)15001600

−食器と女−
 『柳宗悦随筆集』(岩波文庫)より

会場  仙台 光原社向かい「cafe anbien(カフェ アンビエン)」




     
いまの暮らしにそのまま生かせる
食器の見方や考え方を示した柳宗悦のエッセイです。

「食器と女」というタイトルですが
男性にとっても心得ておくと日々の楽しみが増してきます。
読んで、愛用の品を持ち寄って、語らいませんか。


これまでの読書会の様子は、こちらをご覧ください。
http://mingeimiyagi.jugem.jp/?cid=14
 

持ち物   『柳宗悦随筆集』 岩波文庫 食器と女
         ※書籍はアマゾンのみでの取り扱いとなります。
           ご持参が難しい場合は、事務局へお気軽にご依頼ください。


参加費   宮城県民藝協会員  300円(お茶代)
         ビジター     500円( 〃 )

予約制     TEL、メール、FAXのいずれかで下記までご連絡ください。
     会場手配のため、514(水)までにご予約をお願いします。


     
 
         宮城県民藝協会事務局 (仙台 光原社内)
              TEL.022−223−6674 
              FAX.022−222−9626
                Mail kogensya@eb.mbn.or.jp










 
| 活動−読書会 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
「民藝」の読書会 報告

「民藝」を知る深める読書会

2014329日(土)
『手仕事の日本』(岩波文庫)より  −宮城県−



地元の手仕事のものは、意外に見落としていることは多いもの。
今年は原点に立ち戻り、『手仕事の日本』の中から
“東北”に焦点をあてることにしました。
 
柳宗悦が東北の手仕事を発掘する旅をはじめたのは、昭和2年(1927年)から。
昭和18年に文章を書き終えました。
ですが、小間絵(小さな挿絵)を担当していた芹沢げ陲工房が
戦災で焼かれてしまい、小間絵をつくりなおすことに。

初版本は、昭和23年(1948年)に発刊されました。
 
その表紙には、宮城県の柳生和紙の
強勢紙(こんにゃく粉をひいて強くしたもの)が使われています。
 
今回の読書会で取り上げたのは、地元の「宮城県」です。
活字を1人で目で追うのと異なり
声を出して読むこと、そして参加者同士で語らうことで
柳が“民藝”について、どのように見て、どう考えていたのかがわかり、
昭和初期あたりの宮城の様子もしのばれます。
 
参加者が持ち寄った
宮城の肥料ふりかご、堤焼、仙台平などを手に取りながら
仙台平の「八橋織とは?」と語るなど
ものについて語らう、楽しいひとときになりました。
 

 2014年 読書会の予定■ 
5月   『柳宗悦随筆集』より −食器と女−  
7月   『手仕事の日本』より −福島−
9月   『柳宗悦随筆集』より −美しさと女性−
11月 『手仕事の日本』より −山形−
 



そして、5月の読書会は
2014517 日(土)15001600
食器と女 (『柳宗悦随筆集』岩波文庫より)
を取り上げます。

514までに下記へお申し込みください。
宮城県民藝協会事務局 (仙台 光原社内)
        TEL.022−223−6674 
          Mail kogensya@eb.mbn.or.jp










 
| 活動−読書会 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
「民藝」の読書会 報告

20131026日(土)

改めて民藝について  『民藝40 柳宗悦著』(岩波文庫)より 
 




すっかり昨年10月の読書会の報告が抜けていました。
このときの読書会は、当初予定していた「美の法門」が観念的すぎるということで
急きょその場で
「改めて民藝について」に変えることに。
 
「改めて民藝について」が発表されたのは
柳宗悦たちが「民藝」という新語をつくってから33年後のことです。
 

 (本文より抜粋)
  もともと私どもは、民衆的作品だから美しい等と、
  初めから考えを先に立てて品物を見たのではない。
 
  ただじかに見て美しいと思ったものが、今までの価値標準といたく違うので、
  後から振り返ってみて、それが多く民衆的な性質を持つ実用品なのに気づき、
  総称する名がないので、仮に「民藝」といったまでである。
 
  「民藝」という言葉の内容が、一つの型に固まってきては、もはや生命がなくなる。
  民藝品の美しさは、「平の心」の現れなのである。
 




読み終えて、今回の愛用の品は
「久米島紬」のきものや「古道具 坂田」さんのところで求めたものなど。
じかに見て美しいと思ったものにふれる時間になりました。

 








 
 
| 活動−読書会 | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
「民藝」の読書会 お知らせ

「民藝」を知る深める読書会


  2014年3月29日(土)15:00〜16:00

 『手仕事の日本』(岩波文庫)より−宮城県−


   会場  仙台 光原社向かい「cafe anbien(カフェ アンビエン)」
     ※参加人数に応じて変わることがあります。





民藝=骨董でも
民藝=手仕事全般でもありません。


なんとなく使っている「民藝」という言葉。
「民藝」という言葉をつくった柳宗悦は、
どのように考えていたのでしょう。


その原典となる柳宗悦が著した本を読み
あらためて「民藝とは…」を考える読書会です。

参加者が朗読し、想いや疑問などを語る、カフェでのひととき。

毎回、テーマに応じて会員の愛用品が登場し
見てふれることもできます。

今回は「宮城の手仕事」にちなみ
どのようなものが登場するでしょう。
暮らしのなかで、どのように使い、楽しんでいるのか
一緒に語らいませんか。


これまでの読書会の様子は、こちらをご覧ください。
http://mingeimiyagi.jugem.jp/?cid=14



持ち物     『手仕事の日本』 岩波文庫より
          −宮城県−


参加費      宮城県民藝協会員    300円(お茶代)
         ビジター            500円( 〃 )


お申し込み方法 
         TEL、メール、FAXのいずれかで下記までご連絡ください。
         ※会場手配のため、3/26(水)までにご予約をお願いします。
      

          
         宮城県民藝協会事務局 (仙台 光原社内)
              TEL.022−223−6674 
              FAX.022−222−9626
                Mail kogensya@eb.mbn.or.jp









 

| 活動−読書会 | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
「民藝」の読書会 お知らせ

 

「民藝」を知る深める読書会


  2013年10月26日(土)15:00〜16:00

 『民藝40年 柳宗悦著』(岩波文庫)より−美の法門−


   会場  仙台 光原社向かい「cafe anbien(カフェ アンビエン)」
     ※参加人数に応じて変わることがあります。





民藝=骨董でも
民藝=手仕事全般でもありません。


なんとなく使っている「民藝」という言葉。
「民藝」という言葉をつくった柳宗悦は、
どのように考えていたのでしょう。


その原典となる柳宗悦が著した本を読み
「民藝とは…」を考える読書会です。


会員1名が代表して朗読し
参加者が、疑問や想いなどを語っていく、カフェでのひととき。


テーマに応じて
会員の愛用している“もの”が登場し
見て、ふれることもできます。


来週に迫った読書会は
『民藝40年 柳宗悦著』(岩波文庫)より−美の法門−
を取り上げます。


これまでの読書会の様子は、こちらをご覧ください。
http://mingeimiyagi.jugem.jp/?cid=14



持ち物     『民藝四十年 柳宗悦著』 岩波文庫より
          −美の法門−


参加費      宮城県民藝協会員    300円(お茶代)
         ビジター            500円( 〃 )


お申し込み方法 
         TEL、メール、FAXのいずれかで下記までご連絡ください。
         ※会場手配のため、10/23(水)までにご予約いただければ幸いです。
      

          
         宮城県民藝協会事務局 (仙台 光原社内)
              TEL.022−223−6674 
              FAX.022−222−9626
                Mail kogensya@eb.mbn.or.jp









 

 

 

| 活動−読書会 | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
「民藝」の読書会 報告


「民藝」を知る深める読書会



 2013年8月31日(土)

『民藝40年 柳宗悦著』(岩波文庫)より−手仕事の国−

 


少し前のことになりますが、
前回の読書会で取り上げたのは、「手仕事の国」です。


柳宗悦の著書は多くありますが
なかでも、東北から沖縄まで手仕事の品々を紹介した『手仕事の日本』を
ご存じの方は多いかもしれません。
その本の前書にあたるのが、今回の「手仕事の国」です。


(本文より抜粋)
 どうしても手仕事が守られねばなりません。その優れた点は多くの場合
 民族的な特色が濃く現れてくることと、品物が手堅く親切に作られることとであります。
 そこには自由と責任とが保たれます。


わずか4ページのため、一気に読み進め、
感想や想いなどを語るのが中心に。


参加者は、ビジターさん3名と会員3名。
モノが好きな方々の集まりなので、話題はついついモノ寄りになっていきます。
ケラのこと、秋田の五徳、灰ならし、鍛冶のことなどなど
次から次とモノの話題が出てきました。


読書会で定番となっている「愛用品」紹介は
日本の手仕事を代表する漆器です。


小さめの二つは、日々使うことでつやが増してきた会津塗りのお椀。
もう一つは、
漆工であり日本民藝協会の専務理事でもある佐藤阡朗さんがつくられた
しっとりした手ざわりの端反り椀。
 


そして、阡朗さんが漆を濾すときに使用された和紙も。
これは昨年、松本で開催された民藝夏期学校で
阡朗さんが講演される際に配られたもの。


これ以上濾せないところまで漆を濾したことが伝わる
職人技があらわれる、漆を濾した和紙。
手にふれて、透かして、「きれいだね」と声が上がります。


こけしを愛好する「こけし女子」のビジターさんは、鳴子こけしを持参されました。
こけしの首をまわして、きゅっきゅっと鳴らして鳴子こけしの特徴を確かめたり、
しっとり吸いつくような漆のお椀にふれたり。
モノを前に、あれこれ話が広がる読書会となりました。
 




そして、来週に迫った次回の読書会。
10月26日(土)15:00〜16:00
『民藝四十年』柳宗悦著 岩波文庫より−美の法門−

を取り上げます。

10月23日までに下記へお申し込みください。
宮城県民藝協会事務局 (仙台 光原社内)
        TEL.022−223−6674 
        FAX.022−222−9626
          Mail kogensya@eb.mbn.or.jp









 

| 活動−読書会 | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
読書会 ビジターさんの声


                        


器から、会話がはずむ。

                 西角井 明彦さん

  
「毎日使っている雑器にも美が宿っている」  
それは、私にとり新鮮で驚くべき発見でした。

美しい器というのは、
良く分からないけれど
美術館にあるような類だと思っていたからです。

転勤で仙台へ赴任した直後、震災にあいました。

周りが少し落ち着いたころ、
食器を求めてふらっと入ったのが光原社さん。
そこで、読書会のこと、
柳宗悦先生の『民藝四十年』という著書を知りました。

読書会は主催者の及川さんが『民藝四十年』を朗読し、
その後、参加者が各自の感想や体験を述べる会です。

時には、本に出てくる瀬戸の「馬の目」というお皿の実物が登場したり、
参加者所有の使い込んで味の出た
山葡萄の編み組みカバンを見せていただいたりと、
少人数ながら楽しいお茶飲み会です。

最近、妻が買ってきた木製のコースターの表面が禿げて、
安っぽくて嫌だなぁと感じたことを思い出します。
使うほどに味わいが出て愛着が増す物と、
逆に、使うと駄目になっていく物の違いは、
どこにあるのでしょうか?  

読書会に参加した後は、
家庭でも食事の時に、気に入っている器が出ると
「この器は良いね」
と会話が弾むようになりました。
  
「器は用いられて美しい・・・・・・」

そんな本の一節を少し自慢げに話す私に、
妻は目をきょとんとしますが、
少しずつ分かってくれるような気がしています。








| 活動−読書会 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
「民藝」の読書会 お知らせ

「民藝」を知る深める読書会

2013年8月31日(土)15:00〜16:00
『民藝40年 柳宗悦著』(岩波文庫)より−手仕事の国−


会場  仙台 光原社向かい「cafe anbien(カフェ アンビエン)」
     ※参加人数に応じて変わることがあります。




「民藝」についてイメージで語られることも多いいま、
あらためて原典となる柳宗悦が著した本を読み
「民藝とは」を考える読書会です。


会員1名が代表して朗読し
参加者が、疑問や想いなどを語っていく、カフェでのひととき。


テーマに応じて
会員の愛用している“もの”が登場し
見て、ふれることもできます。


来週に迫った読書会は
『民藝40年 柳宗悦著』(岩波文庫)より−手仕事の国−
を取り上げます。

機械製品について、柳宗悦はどのような想いを抱いていたのか。
手仕事と機械製品の違いは、どこにあるのか。

5ページの短い文章を読んで考えませんか、いまの暮らしについて。



これまでの読書会の様子は、こちらをご覧ください。
http://mingeimiyagi.jugem.jp/?cid=14



持ち物       『民藝四十年 柳宗悦著』 岩波文庫より
           −手仕事の国−


参加費        宮城県民藝協会員    300円(お茶代)
           ビジター            500円( 〃 )

お申し込み方法 
         TEL、メール、FAXのいずれかで下記までご連絡ください。
         ※会場手配のため、8/27(火)までにご予約いただければ幸いです。
      
          
         宮城県民藝協会事務局 (仙台 光原社内)
                TEL.022−223−6674 
              FAX.022−222−9626
                  Mail kogensya@eb.mbn.or.jp










| 活動−読書会 | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
「民藝」の読書会 −日本民藝館案内−


「民藝」を知る深める読書会

2013年6月22日(土)
『民藝40年 柳宗悦著』(岩波文庫)より日本民藝館案内
 



少し前の報告になりますが、前回の読書会。
取り上げたのは、「日本民藝館案内」です。


タイトルから受ける印象は
開設しても間もない施設の紹介なのでは
と思われるかもしれません。


ですが、執筆されたのは
日本民藝館が1936年に東京の駒場に開設してから10年後。
あらためて揺るぎのない信念を記したといえます。


1章ずつ読みながら、それぞれが感じた印象や疑問を語ります。

 
 

  (本文より抜粋)
   もし高い直観や美意識から、統一され整理された美術館があるとするなら、
   館それ自身が一つの創作となるであろう。


「ほかの美術館や博物館とどこが違うんですか」
「日本民藝館の収蔵品の管理の仕方は?」
会員とビジターさんから率直な疑問の数々。


副会長の濱田淑子さんと
光原社 会長の及川紀一さんも参加され
学芸員としての専門的な立場や
長く民藝協会に関わってきた立場から
さまざまなエピソードを交えて説明されました。
 


濱田さんの蔵書『日本民藝館案内』初版本
(1948年発行)も拝見。



まだ日本民藝館を訪れたことのないビギナーさんのために
雰囲気や収蔵品の参考資料として『日本民藝館手帖』も紹介。

 

 
 
読書会で定番となっている、「会員の愛用品」紹介。
今回は、日本民藝館に収蔵されている金城次郎の魚文の壺屋焼にちなみ、
金城次郎による勢いのある魚が線彫りされた丼です。
「これでラーメンを食べる」という愛用者の話に、「えっ」と笑いが。


来週に迫った次回の読書会は
8月31日(土)15:00〜16:00

 

『民藝四十年』柳宗悦著 岩波文庫より−手仕事の国−
を取り上げます。
8月27日までに下記へお申し込みください。


※会員の方には、「美の法門」でご案内していましたが
 「手仕事の国」に変更になりました。


宮城県民藝協会事務局 (仙台 光原社内)
        TEL.022−223−6674 
         FAX.022−222−9626
        Mail kogensya@eb.mbn.or.jp








 

| 活動−読書会 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE