民芸みやぎ

宮城県民藝協会からの折々の便り
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
今日のことば
 柳宗悦


暮しの正しさや、素朴さや、質実な性質や、
その固有な風習の上から見ても、
幾多の学ばねばならぬ優れた要素があると思われます。

ここでは琉球のことは省きますが、
東北地方は将来最も重要視される
日本の文化的財産だと思われます。


         (雑誌『民芸』2012年3月号 「特集 東北の民家・民藝」に掲載
         本稿『工藝』1942年1月発行「民藝と東北―東北民藝展に於ける講演の要旨―」より)
                  













                 
| 心に残る柳宗悦のことば | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日のことば

柳宗悦

自然さとか謙虚とか質素とか単純とかいうことが、
美を育てる根本的な要件であるということです。

                 (『美の国と民藝』より)









| 心に残る柳宗悦のことば | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日のことば

柳宗悦


美術は理想に迫れば迫るほど美しく、
工藝は現実に交われば交わるほど美しい。
 
                (『工藝の美』より)









| 心に残る柳宗悦のことば | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日のことば

柳宗悦


近代風な大都市から遠く離れた地方に、
日本独特なものが多く残っているのを見出します。

ある人はそういうものは時代に後れたもので、
単に昔の名残に過ぎなく、
未来の日本を切り開いてゆくには役に立たないと考えるかも知れません。

しかしそれらのものは皆それぞれに伝統を有つものでありますから、
もしそれらのものを失ったら、
日本は日本の特色を持たなくなるでありましょう。

                               (『手仕事の日本』より)









| 心に残る柳宗悦のことば | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日のことば

柳宗悦

手はただ動くのではなく、
いつも奥に心が控えていて、
これがものを創らせたり、
働きに悦びを与えたり、
また道徳を守らせたりするのであります。

そうしてこれこそは
品物に美しい性質を与える原因であると思われます。

                                           (『手仕事の日本』より)











| 心に残る柳宗悦のことば | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日のことば

柳宗悦



機械が人を支配する時、
作られるものは冷たくまた浅い。
味わいとか潤おいとか、
それは人の手に託されてある。
                 (『雑記の美』より)









| 心に残る柳宗悦のことば | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日のことば

柳宗悦



仏法でよく「捨てよ」というが、
これのみが「得る」所以である。
               (『蒐集の弁』より)












| 心に残る柳宗悦のことば | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日のことば

柳宗悦



深き美術は師とも父とも思えるであろう。
だが工藝は伴侶であり、兄弟や姉妹である。
共に一家の中で朝な夕なを送るのである。
そうして吾々の労を助け、用を悦び、生活を温めてくれる。
それらの者に取り囲まれて、この世の一日が暮れる。
                            (『工藝の美』より)










| 心に残る柳宗悦のことば | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日のことば

柳宗悦



よき器物には謙遜の美があるではないか。
誠実の徳が現れるではないか。
高ぶる風情や焦(いらだ)つ姿は器には相応わしくない。
                           (『工藝の美』より)










| 心に残る柳宗悦のことば | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日のことば

柳宗悦


華美よりも質素が、さらに慕わしい徳なのです。
身を飾るものよりも、働くものの方が常に健康なのです。
錯雑さよりも単純なものの方が、より誠実な姿なのです。
華やかさよりも渋さの方が、さらに深い美となってきます。
                            (『民藝とは何か』より)















| 心に残る柳宗悦のことば | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE