民芸みやぎ

宮城県民芸協会からの折々の便り
<< 「第156回日本民藝夏期学校 仙台・秋保会場」報告 ―2日目― | main | 角館 樺細工の実演報告 >>
「第156回日本民藝夏期学校 仙台・秋保会場」報告 ―3日目―

 

【3日目】

 

秋保から、東北福祉大学へ。

 

 

講演会

「芹沢げ陲離妊競ぅ鵑量ノ 自我を除く客観の手」
講師 深澤直人氏(プロダクトデザイナー、日本民藝館館長)

形をつくる自己表現ではなく、

「余白から輪郭を考える」ことが創造性の根拠になっている

という考えに納得、共感しました。

 

 

昼食・閉講式/東北福祉大学レストラン「風土」

 

 

「芹沢げ陝κ襪蕕靴乏茲るデザイン」展見学、自由解散

芹沢げ陲硫刀と呼ばれた秋山正さん設計の芹沢げ霹術工芸館で

着物やのれん、扇子、マッチラベル、便箋など。
会員にとってなじみの店のデザインも多く、会話が盛り上がりました。
 


充実の3日間、お疲れさまでした。
日本民藝夏期学校 仙台・秋保会場の報告と感想は、
『民藝』(日本民藝協会発行)2018年6月号、8月号で紹介されています。

 

 

 

 

 

| 2018夏期学校 仙台・秋保会場 | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:05 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mingeimiyagi.jugem.jp/trackback/121
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE