民芸みやぎ

宮城県民藝協会からの折々の便り
<< 沖縄旅行の報告−4− | main | 今日のことば >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
沖縄旅行の報告−5−

芭蕉布会館
芭蕉布織物工房


芭蕉布

大宜味市喜如嘉でつくられている芭蕉布。
その特徴は、材料となる糸芭蕉の栽培から
織りあげて製品にするまで
すべての作業を、地元の女性たちが
手がけていることです。





指導にあたられているのが、
90歳になられる平良敏子さんです。

芭蕉布 敏子さんと


会館内にある作業所では
平良敏子さんが煮綛(※にーがしー/染める糸を木灰汁で煮て精練し、
水洗いして軽く絞り、竿にかけて干す作業)らしき作業をしておられました。


とても小柄でおだやかな笑みの平良さん。
ですが、おそれ多いような
畏敬の念を感じずにはいられない存在感がありました。


それは、「夜がなければよいと思う程、芭蕉布に没頭して」こられた
幾夜も積み重ねてきた芭蕉布との日々と
揺るぎのない想いから生まれたのかもしれません。


撮影禁止の作業所では
トントン、シャーッと機織りの音が
一定のリズムで響いていました。
窓辺にある7台の織り機で、女性たちが機織りをしていました。
視線をさえぎるかのように、やわらかい朱鷺色をした糸の束で
間仕切りされているのも印象的でした。


芭蕉布織物工房では
平良家のお嫁さん、美恵子さんにご案内いただきました。

芭蕉布 織物工房



工房の裏手にある糸芭蕉の畑も
拝見することができました。



芭蕉布 糸芭蕉の畑芭蕉布 糸芭蕉


背丈を超えて伸びる糸芭蕉。
その芯止めや葉打ちの作業をしないと
繊維がかたくなり芭蕉布としての糸にならないのだそう。


蜂や蚊、アブがいるなか
肥料をやり、草取りをするのも
ここで働く20〜40代の女性たち。


ともすれば、織ることだけが注目されがちですが
織りだけなら約1カ月。
それまでの仕事のほうが膨大です。


畑の草取りをした人、糸よりをした人、
さまざまな工程に関わった人がいて
はじめて芭蕉布ができます。
「だから、“喜如嘉の芭蕉布”としています」


織柄を考えるのは、美恵子さん。
「伝統を守っているだけでは、取り残されるんです。
 いつも、あらゆるところにアンテナを張って
 寝ても覚めても考えている」
といいます。

芭蕉布 聞く芭蕉布 美恵子さん


その美恵子さんに、
敏子さんから言われた言葉をうかがいました。
それが、意外にも
「いつでも、やめていい」


どれだけ、たいへんなことかをわかっての言葉だろうと
美恵子さんは察しています。
「ひとりの天才の作家では、できない仕事。
 心をおなじくする人がいて、できること。
 最後は、人なんです」


お忙しいなか、ご対応いただいた
平良さんはじめ会館、工房の方々
ありがとうございました。


沖縄 花


沖縄の手仕事をめぐる旅。
いかがだったでしょうか。


日々の暮らしの中で
手仕事のものにふれる時
そのものを通して、かの地を思います。


実際に、つくり手の方に会い
その土地の空気を感じ
文化にふれることで
ますます、ものへの愛着
地域への愛着がましてきます。


普通の観光旅行では出会えないところまで
見て、ふれて、感じられるのが
民芸協会の旅のよさ。


今回も、いい旅ができました♪




| 活動−沖縄の手仕事めぐり | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:40 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mingeimiyagi.jugem.jp/trackback/18
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE