民芸みやぎ

宮城県民藝協会からの折々の便り
<< 今日のことば | main | 今日のことば >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
五節句

端午の節句



本日は、年に五つある節句
(1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日)のひとつ
端午の節句です。

震災で、いつもとは異なるときが続いているだけにあえて
日本らしい暮らしをとり戻したいと、鯉のぼりを掲げました。
型染めの真鯉と緋鯉は、1メートルほどの小ぶりなものですが
家の中の空気を変えてくれます。

節句といえば
3月の上巳の節句には、宮城県民芸協会の会員である
西村艶子さんが主宰されている「街中サロン にしむら」で
「郷土人形 雛展」が開かれました。




西村さんのお知り合いの島田さんと鎌田さんが
20年ほどかけて集められた内裏雛の数々。
約300点が並んだのは
昭和30年代に建てられたという、西村さんのかつてのお住まいです。


明治大正期の堤人形(仙台市)



長浜人形(島根県)




相良人形(米沢市)



中山人形(秋田市)



六原張子(岩手県)



犬筥ともおとぎ犬とも呼ばれるお守り


和室に、床の間に、緋毛氈が敷かれ
江戸期から現代までの人形が並んでいました。
堤人形(仙台市)、相良人形(米沢市)、八橋人形(秋田市)をはじめ
あまり東北では見かけることのない
島根県の長浜人形なども。

宮崎県の佐土原人形と山形県の相良人形の形が似通っているのは
「伏見の型にならっているから」など説明をうかがいながら
一つひとつ表情や着物などを見比べていくのも
楽しいひとときでした。



呉服店を営む西村さんらしく
お茶の席を彩る帯は姉さま紋様


「街中サロン にしむら」では月ごとの催しが行われ
今月は、やさしいレコードの音色を聴く会だそう。

[町家で聴くSPレコードの音]
2011年5月15日(日)・16日(月) 13:00〜
参加料2000円(茶菓付き) 要予約
ご予約は、090-1377-7028(山本さん)へ


5月の節句を過ぎれば、次は7月7日。
仙台の七夕は、陰暦なので8月になります。
復興の仙台七夕まつりに、ぜひ全国からお越しいただければと願っています。









| 会員のよこがお | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:23 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mingeimiyagi.jugem.jp/trackback/32
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE