民芸みやぎ

宮城県民藝協会からの折々の便り
<< 田代里見 白磁展 | main | 小谷真三 吹きガラス展 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
芹沢げ陲寮こ

別冊太陽 日本のこころ―185
染色の挑戦 芹沢げ



なんとも心地よい間、
懐かしい模様。
かもしだされる、
愛らしさやおもしろみ。
ひと目で引きつけられる独特の世界が、
芹沢げ陲侶審╂です。

どのような人物や風土、素材と出会い
この世界観がつくりだされてきたかがわかるのが
2011年7月1日に発行された『染色の挑戦 芹沢げ陝戮任后


本書には、宮城県民芸協会に関わりのある方も
執筆されています。




会員であり
東北福祉大学芹沢げ霹術工芸館参与の
濱田淑子さんが
「芹沢げ陲虜酩福ー蟷纏の美」と題して、
着物、帯地、のれん、屏風など、さまざまな作品について、
わかりやすく紹介しておられます。


講演会2

「柳宗悦と朝鮮陶磁」の講演会
(2010年6月 宮城県民芸協会主催)でご講演いただいた
日本民藝館学芸部長の杉山享司さんは
芹沢げ陲生涯の師と仰いだ柳宗悦との関わりについて
まとめておられます。


芹沢げ陲虜酩覆蓮
東北福祉大学の芹沢げ霹術工芸館はもちろんですが
仙台の街なかでも見ることができます。



(仙台光原社の看板、鉄行燈)



(光原社オリジナルナフキン「東北の風俗」)



(仙台光原社の開店記念マッチラベル 昭和43年)


散歩しながら
芹沢デザインに触れられるのも仙台ならでは。
生活美をお楽しみください。





| 会員のよこがお | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:15 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mingeimiyagi.jugem.jp/trackback/38
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE