民芸みやぎ

宮城県民藝協会からの折々の便り
<< 第138回日本民藝夏期学校 倉敷会場の報告−2日目− | main | 五十嵐元次 白磁のうつわ展 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第138回日本民藝夏期学校 倉敷会場の報告−3日目−

日本民藝夏期学校 倉敷会場
2011年9月2日(金)〜4日(日)



3日目 調査報告「岡山県の手仕事」  
                   手仕事の調査委員会 委員長 三宅登志夫氏
                             村岡知子氏
     自由時間(美観地区の町並み・伝統的建造物の見学など)
     閉校式
                                     



岡山県民藝協会が創立60年を迎えた2006年を機に、
手仕事の現状調査委員会が発足。
民藝に関係なく、岡山県内の手仕事全般について
3年がかりで調査された中間報告が
『岡山県の手仕事2006〜2009』として発刊されました。


いくつかの事例が紹介された中の
写真は、百蓋(びゃっかい)と呼ばれる切り紙です。

備中神楽の神楽場に飾られるものだそうで、
鳥居や日の出、鯛などが切り抜かれています。


そこで思い出したのが、宮城県気仙沼に伝わる「切紙(きりこ)」です。
新年に神棚に飾るもので、鯛や末広が切り抜かれ、
南三陸地域では宝船などを切り抜くこともあります。


似通った文化も、興味深いところですね。



 



台風でプログラムが変更になり、
自由時間ができたので、駆け足で大原美術館へ。


威風堂々たる建物の中には、
モネの「睡蓮」、セガンティーニの「アルプスの真昼」と
ずーっと眺めていたくなる作品の数々。


つねづね海外の美術館めぐりに行きたいと思っていましたが
じっくり時間をかけて大原美術館を見るのも
かえって贅沢な時間が過ごせそうです。





夏期学校の終わりに、
参加者の名札ホルダーを回収するために使われていた箕(み)。

わが家では箕を、お風呂の脱衣かごとして使っていますが、
こんな使い方もあると気づかされます。


3回にわたって紹介してきた夏期学校ですが、
ここに紹介できなかった、町屋での懇親会。

ままかりの酢漬け、どろ海老の唐揚げなどなど、
ごちそうもたくさんいただきました。


同窓会のような顔ぶれで、久々の一献。
全国から集まられた方々との、新たな出会いなど、
心地よい充実感に包まれる夏期学校となりました。


この夏期学校は、民藝協会員だけでなく、一般の方々も参加できます。
来年は青森でも行われるので、ぜひご参加ください。
http://nihon-mingeikyoukai.jp/society/summer.html







***見つけた!倉敷の見どころ***

倉敷には、さまざまな見どころがありますが
夏期学校がはじまる前に立ち寄ったのが
美観地区にある「日本郷土玩具館」です。

和雑貨などが並ぶお店に入ると
こぢんまりとして見える倉の入り口に、看板が。

それが、奥まで郷土玩具。
さらに中庭を抜けていくと、もう一棟の1、2階までずっと続きます。
連なる米倉を利用したのだそう。

江戸から昭和にかけて全国でつくられた
玩具とおもちゃ3万点があり、
そのうち約5000点を展示しているとのこと。

全国の雛人形、仙台の松川だるま、お面、
福島の地元でも、なかなか見る機会のない久之浜張子まで。

大原美術館に、日本郷土玩具館に、
倉敷にはじっくり時間をかけて見たいところが、たくさん。
また行きたくなる、倉敷です。











| 活動−2011夏期学校 倉敷会場 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:02 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mingeimiyagi.jugem.jp/trackback/45
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE