民芸みやぎ

宮城県民藝協会からの折々の便り
<< 仲間募集 | main | 暮らしのデザイン×手仕事展 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「柳宗悦と朝鮮陶磁」講演会の報告
 

 「柳宗悦と朝鮮陶磁」
2010年6月13日(日) 14:00〜15:30


講演会入口



  仙台市の林香院にて
  「柳宗悦と朝鮮陶磁」の講演会を開催しました。

  林香院は、宮城県民芸協会の前会長であった
  故・門脇允元さんのお寺さんです。
  ご子息が後を継がれてからも、機会があるごとに
  ホールをお借りしています。




講演会受付
   




  準備を進めていた昼すぎに東北地方で地震があり、
  講師である日本民藝館学芸部長の杉山享司さんの
  乗っていた新幹線も一時停車。

  間に合うかと心配していましたが、
  参加者のみなさんをお待たせすることなく
  講演会が始まりました。
                                                 講演会1







  参加者は、
  一般の方と宮城県民芸協会員あわせて約60名。


  杉山さんから日本民藝館で開催している展覧会
  「朝鮮陶磁」の映像を交えてお話がありました。

講演会2







  講演後の質疑応答では、
  杉山さんのお話の中に出てきた
  朝鮮陶磁をお持ちという一般の愛好家の方からの
  エピソードも披露されました。

講演会3



  参加された方からは
  「柳さんの、傷がついていようが欠けていようが、
  それも個性と言い切って蒐集したという
  エピソードにいたく感動! 
  不恰好とか、何か足りないことも含めて美しいと感じられる、
  そんな美意識の高さに惚れました。
  同時代に生きていたら、お会いしたかった…。」
  というご感想もいただきました。



柳宗悦のものの見方や考え方を身近に感じていただけたことが
なによりうれしいことでした。

ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございます。


次回の宮城県民芸協会の一般公開向けイベントは、
2010年8月に「白磁」をテーマに、
作り手の方からの楽しい解説を予定しています。
どうぞ楽しみにお待ちください。



*宮城県民芸協会へ入会ご希望の方は、こちらへ。




| 活動−「朝鮮陶磁」講演会 | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:34 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mingeimiyagi.jugem.jp/trackback/6
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE