民芸みやぎ

宮城県民藝協会からの折々の便り
<< 日本民藝夏期学校 松本会場−2日目− | main | 『民芸みやぎ』2012秋号完成! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
日本民藝夏期学校 松本会場−3日目−

日本民藝夏期学校 松本会場
2012年8月31日〜9月2日


3日目 塩尻市奈良井へ移動
     見学・解説 「木曽漆器館」  
                                    宮原建一氏
                                      (「工藝マエストロ」オーナー)
              佐藤阡朗氏
              (漆工、日本民藝協会専務理事、
                                         日本民藝館運営委員)
      講義    「漆工と工芸 歴史と展望」 
                                     講師 佐藤阡朗氏(同上)
      閉校式



 

 
木曽漆器館で
2班にわかれて、漆工の佐藤阡朗さんと「工藝マエストロ」オーナー宮原建一さんが解説。
長野オリンピックのメダルに漆が使われていたとは知りませんでした。
結った髪にさす「笄(こうがい)」。
ふだん見ることはなくなったけれど、なにかに生かしたくなります。


ガツンときたのは、佐藤阡朗さんの言葉でした。
「よく後継者難と言われ、つくる人を育てようとしがちだが
 使う人がいない中では不幸な人をつくることになる」
求められているのは、なによりも使い手でした。


そぞろ歩きのように、講義会場となる奈良井地区公民館へ。
 
 



 
佐藤阡朗さんによる講義
「漆工と工芸 歴史と展望」。


日本人の気質が生かされた材料のこと、技のこと。
素敵なラッピング素材になりそうなこの紙は、
漆を漉した和紙です。
これ以上漉せないところまで漆を漉す技。
この使い終わった和紙に「仕事が表れる」のだそうです。


プラスチックや人工漆ではない
本物を使う楽しみを伝えていくこと。
それが最優先に求められています。


お昼は、王滝村のお母さん方がつくられたお弁当。
いいお味でした。
 



**こぼれ話



夏期学校に参加されていた方が提げていたバッグに
手づくりらしい「こぎん刺し」を見つけました。


聞けば、青森の夏期学校でこぎん刺し体験をされた方だそう。
そのときにつくったものを
バッグのワンポイントにされていました。


「それは……?」から会話がはじまり
こぎん刺しづくりの感想など聞くことができたのも
思いがけないうれしさでした。



***見つけた! 松本の好きなところ***

 
夏期学校の後に、まち歩き。
湧き水が多いのも松本の特色です。


 


人形のお店が多いのは
節句に男児女児を問わず人形を贈る風習があったからと
「人形の緑屋」の方に教えていただきました。


七夕のとき軒下に飾る七夕人形は
本来は見せるためではなく無病息災を願ってのことだそう。
奥ゆかしく感じられる気質が、丸山太郎さんの気質にも通じる気がして
松本のまちが、より近く感じられました。










 

| 活動−2012夏期学校 松本会場 | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:28 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mingeimiyagi.jugem.jp/trackback/62
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE