民芸みやぎ

宮城県民藝協会からの折々の便り
<< 「民藝」の読書会 お知らせ | main | 読書会 ビジターさんの声 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
子どもたちに伝えたい民藝こんなこと −2−


随筆むすび −2−
子どもたちに伝えたい民藝こんなこと



及川 陽一郎
おいかわ・よういちろう/仙台生まれ。
1998年光原社へ入社。盛岡本店で1年
間勤務の後、仙台店へ。漆器、ざる篭、
やきもの好き。光原社 仙台支店長

 


毎朝コーヒー豆を挽きながら、
今日はどのカップにしようかと考える。


深煎りの苦みのあるコーヒーには、スキッとした白磁のカップ。
酸味のある軽めの香りには土もののカップと、
コーヒーの味わいや
その時々の気分に合わせて、ゆっくり楽しむ。



仕事から戻れば、
今夜はどのお猪口にしようかと考える。
さらりとした飲み口の酒なら厚みのある土ものの猪口、
濃厚な酒にはガラスや白磁など。


自分にとって日々の喜びは、そんなところにある。


そんなのただの好みだろう、という人がいるかもしれない。
学生のころ、友人とプラモデルの出来を話していたとき
「ものの善し悪しは、個人の好みの問題だ」
という友人の言葉に、
いや違うと思ったが言い返せなかった。


そのとき、
たしか柳宗悦が「美しさ」の基準について書いていたな
と頭に浮かんだ。


『民藝四十年』から読み始め、
半年のうちに文庫で出ている著書すべてを読んだ。
おもしろかった。
繰り返し5、6回は読んだと思う。


日本には「渋い」という美しさの基準があるということに、
なるほどと感動した。


日本民藝館の展示替えごとに、
アパートから足を運んでは、渋いものに見入った。


光原社で働き始めてからは、
少しずつ気に入ったものを求めてきた。
コレクションではなく、日々使うものとして。


感動を覚えるものを身のまわりに置き、使って楽しめる。
特別な場所に行かなくても、
ふだんの暮らしで「日々幸せ」を感じられる。


その民藝の良さを、伝えていきたいと思っています。

 

 

及川陽一郎さんからのご紹介
次号ご執筆者は……井上幸子さん


陽一郎さんより
長く協会で活動されていらっしゃいます。
季節を感じられる美しいお手紙や裂織のご趣味など、
日々を楽しんでおられるのが伝わってきます。
民藝の深いお話を伺えるのではないかと楽しみです。









 

| 随筆むすび  子どもたちに伝えたい民藝こんなこと | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:09 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mingeimiyagi.jugem.jp/trackback/94
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE